ミルキー誕生秘話 ミルキーの歴史や過去の情報をご紹介

ミルキー&ペコ TOP 〉 ミルキー誕生秘話

「これまで誰も手につけていない独特の味を創造したい!」

1951年の発売以来、ロングセラーを続ける「ミルキー」は、
初代社長・林右衛門の青年のような夢から始まりました。
戦災で焼け残ったボイラーただ1基を手掛かりに、
彼は戦後いち早く、沼津工場を再建。
まもなく水アメと練乳の製造が開始されました。
水アメと練乳、二つの製菓材料を手にした林右衛門は、
これを結び付けようと思い付くのです。
以来、彼は自宅に程近い鶴見工場に暇さえあればこもり、
試作と吟味を繰り返します。昭和24~25年頃のことでした。
新製品が幼児を対象とし「ママの味」を
キャッチフレーズとする構想は、このころすでに固まっていました。
だから新製品は、母親の愛情を表すようなやわらかい味、
母乳のなつかしさを感じさせるようなお菓子でなければ。
丸2年の間、何10種、何100種の試作品が検討されたといいます。
ようやく完成したのは、昭和26年。
練乳を50%近く使い、思い切ってまろやかな味を出したため、
砂糖1貫目(3.75kg)が2000円、バターもろくに出回らない、
米の値段が60kg2800円という当時としては、
信じられないほど贅沢な新菓でした。
開発段階では「ジョッキー」と名付けられていましたが、
「牛乳そのままの味を生かした」というイメージから、
「ミルキー」という名で発売されました。
まずは銀座店で売られ、
そして全国販売するための条件が整ったと判断された27年、
いよいよ小売店への卸売りが開始されます。
全く新しいおいしさ、豊富な栄養、
それに10円の廉価という3拍子揃ったこのお菓子は、
またたく間にたくさんの子供たち、母親たちに支持される大ヒット商品となり、
不二家の名を全国に浸透させる役目を果たしました。

  • 初期のミルキー
  • 昭和39年発売のオリンピック記念ミルキー
  • ミルキードリンク
  • ミルキーチョコレート
このページの先頭へ